MENU

バラのやさしい育て方

 

華やかさの代表として知られる花の女王、バラ。
ここでは、そんなバラの効果的な育て方についてお教えいたします。

 

 

バラの育て方に当たって、まず決めておかなければならないのは、
種で育てるか、苗で育てるかです。

 

基本的には種よりも苗木のほうが育てやすく、
苗から育てるのが一般的です。

 

 

育て方のポイントは、日当たりが良く、風通しの良い場所を選ぶことです。

 

日当たりについては一日当たり最低3〜4時間程度の日照を目安に考えます。
ただし日差しが強い夏場では、日当たりの頻度を調整しなければなりません。

 

日光は花や樹にとって栄養ですが、当たりすぎも良くないのです。
したがって夏にバラを育てる場合は、遮光ネットなどを用意して、
日当たりを調節してあげましょう。

 

 

風通しについても重要です。
風通しがよくないと、害虫が発生して花がだめになったりします。

 

また鉢栽培の場合は、風通しをよくすることで、
日の当たりすぎによる温度の調節をすることができます。

 

 

育て方のポイントとして他に重要なことは、品質の良い肥料・土を選ぶことです。

 

良い土を選ぶことは害虫のリスクを下げてくれますし、
肥料は貴重な栄養となりますので、慎重に選んであげてください。

 

 

正しい育て方を行えば、バラはとても華やかに咲いてくれます。

 

ぜひ意識してみてくださいね。

 

効果検証

製品情報

購入情報

他社品比較

その他お役立ち情報

薔薇にまつわるお話

このページの先頭へ
市場経済