MENU

バラの香りに中の秘められた老化防止効果

 

今「バラ」に多くの注目が集まっています。

 

いい香りだしきれいだけど、何がそんなにすごいの?
と思っている方もおられると思います。

 

実はバラ、特にその香りにはリラックス効果だけでなく、
女性にとってもっと嬉しい秘められた効果があったんです。

 

それが、老化予防!

 

まず一つとして抗酸化作用についてです。

 

酸化とはつまり体のサビつき。老化の基本原因と言えるでしょう。

 

バラの花びらには特有の香気成分が含まれており、
この成分が体をサビつきから守ってくれます。

 

抗酸化ではビタミンEが有名ですが、バラの香気成分も
ビタミンEの働きに負けない効果があるとされています。

 

 

そして、肌の若さを保ち老化を食い止めるのに欠かせないのが
肌のターンオーバを早めることです。

 

この点でもバラの香りが効果を発揮します。
バラの香りの成分が女性ホルモンであるエストロゲンと同じようなしくみで、
新陳代謝を高めるようです。

 

その結果ターンオーバが促されます。
それで肌を保湿し、弾力を保たせることもできます。

 

 

またバラの香りにはゲラニオールという成分が含まれており、
幸せなゆったりとした気持ちにさせてくれます。

 

そのため生理不順や更年期障害の改善に役立っているようです。
女性ホルモンを安定させていくことができれば、
老化防止の効果も多いに期待できます。

 

まだまだ研究途中のバラのチカラですが、
いつか完全に老化を食い止めてくれたら嬉しいですね。

 

>>>バラの効果を生かしたサプリメントとは?

 

効果検証

製品情報

購入情報

他社品比較

その他お役立ち情報

薔薇にまつわるお話

このページの先頭へ
市場経済