MENU

バラには女性ホルモンに効果がある秘密の成分が隠されていた!

 

バラは絶世の美女と言われたクレオパトラに愛された花として有名ですが、
美しいだけでなく女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

 

バラの花を嗅ぐととても良い香りがしますが、
その香りに含まれるゲラニオールとネロールという成分が、
女性ホルモンの分泌を促進します。

 

ゲレニオールとネロールが脳の大脳辺緑系に働きかけると信号を発して
視床下部の下にある脳下垂体を刺激し、性腺刺激ホルモンの
分泌を促進します。

 

この性腺刺激ホルモンが上手く働かないとエストロゲンの分泌が
低下して女性ホルモンが分泌される量が減り、更年期障害やPMSを
悪化させる原因になります。

 

ブルガリアの国立バラ研究所の報告によると、ストレスがたまると
老化の原因の一つコルチゾールが生成されますが、その分泌を抑制する
ホメオタシスを持続する働きがあります。

 

バラの花びらに含まれる成分はホメオスタシスを左右する働きがあり、
花から抽出されるローズオイルは美肌や免疫力、癒し効果があります。

 

ストレスがたまると副腎皮質ステロイドという女性ホルモンの分泌を
減少させる成分が生成されますが、ホメオタシスにはそれを
抑制する作用があります。

 

体内の細胞には私たちの健康を維持するための重要な役割がありますが、
この細胞を活かす環境を整えるのがホメオスタシスで、女性ホルモンを
分泌するのに大切な役割を担っていると言うわけです。

 

バラは私たちの健康や美容に多くの力を発揮します。
クレオパトラは宮殿をバラの花で飾りつけていたそうですが
、私たちもお部屋にバラを飾って、その香りで女子力をアップしましょう!

 

>>>バラの香りでできる臭い対策体験談/strong>

 

効果検証

製品情報

購入情報

他社品比較

その他お役立ち情報

薔薇にまつわるお話

このページの先頭へ
市場経済