MENU

意味を知って送りたい「バラの花言葉」

 

バラの花言葉は古くから自分の想いを相手に伝える手段の1つとされ、
恋愛に関する内容が多いです。

 

よく知られる赤いバラの花言葉は「愛・熱烈な恋」です。

 

ただし、斑点がある場合は「戦い」という意味になります。

 

人に贈る時は注意が必要です。
黒っぽい赤色も「恨み」を意味するのでよく色を見ることが大切です。

 

そして赤いバラのつぼみにも花言葉があり「純粋な愛に染まる」とされます。

 

 

白いバラの花言葉は「深い尊敬・私はあなたに相応しい」です。
父の日に贈ったり、尊敬する人に贈ると良い花です。

 

ただし、つぼみの花言葉は「恋をするには若すぎる」です。

 

 

少し変わった青いバラは「神の祝福・奇跡・夢叶う」と「不可能」です。
しかし、西洋では「不可能なことを成しとげる」とされます。

 

意味としては西洋の方が適しています。
元々、青いバラを生み出すのは不可能だと言われたことが始まりです。

 

 

黄色のバラの花言葉は「嫉妬・愛情の薄らぎ」と「友情」です。
大切に想う異性には贈らないでおくことが無難かも知れません。

 

 

オレンジのバラは「信頼・絆・魅力」です。
誕生日に適しています。バラの花やつぼみだけでなく、
トゲにも花言葉が存在し、「不幸中の幸い」とあります。

 

 

細かく言っていくとこのように
多くの花言葉が花の色でも異なるので
知っておくと役立つときがくるかもしれませんよ!

 

>>>バラ香りを楽しめるサプリがある?

 

効果検証

製品情報

購入情報

他社品比較

その他お役立ち情報

薔薇にまつわるお話

このページの先頭へ
市場経済